やぎ座の満月と部分月食は悪魔のエネルギー

こんにちは!

ニューヨーク時間の7月16日の午後5時38分にやぎ座の満月となりこれと共に部分月食が起こるというパワフルな星回りとなっています。

皆さんはこのエネルギーをどう受け止めていますか。

催眠療法士というだけでなくエネルギーリーダーでもありまたはサイキックでもある私ですがこのエネルギー顕著に感じています。

人間のエネルギーというのは実は私たちの身体の中にある40兆個のミクロのレベルの細胞が一つ一つ震えておりその震えが集結して身体から電磁波のようなものを発している、それをエネルギーというそうです。

ミクロのレベルの細胞は震えていなければ生命がないという事になりますからその震えは命の証拠という事になります。

そう言った意味で言えばエネルギーというのはあなたの細胞の震え方、そしてあなたの命の種類とも言えるでしょう。

その命の証拠であり種類はミクロの細胞から来ていますからあなたの身体の中で起こっている事は全て関係あると言えるでしょう。

それは感情だったり小さな血液のかたまりだったり、または吸い込んだ空気の質だったり、たくさんの事が影響しても全然不思議はありません。

ましてや何を食べたかとかどれだけ眠っているか。どんな会話をどんな場所でどんな人とするか。そんな事があなたのエネルギーに影響しないわけがないのです。

そして電磁波である以上微量のレベルでも私たちはお互いに感知しあえて当然です。部屋に一歩足を踏み込んだ時に感じる居心地の良さやまたは悪さ。それはもちろんエネルギーの質なのです。

電磁波である以上感じるものですし、そして共鳴したり呼び合ったりしても全く不思議はありません。

恋愛で言えばケミストリー(化学反応)と言って二人の間に流れる空気(エネルギー)の事を指します。

ケミストリーがあるかないかというのは結局はエネルギーが共鳴し合うかという事だと思います。

もともと私は患者さんがいらっしゃるとその方のエネルギーを如実に感じるたちではありました。

足元からくるじりじりとする焦りとかゾクゾクする恐怖。くすぐったいような不安感などいつもあるレベルで感じていました。

しかしながらそれが顕著になっていきいただいたテキストなどからも恐怖などが伝わってくるようになると自分でも自分のエネルギーを維持するために一層努力するようになったのです。

それから特別な関係にある人たちのエネルギーを離れていても感じている事に気がつきました。親しくさせている方の身内の方が亡くなっていたりすると暗い穴に落ちたようなうつ状態を感じたりします。

それから患者さんと向き合っている時に映像(イメージ)を得ている事に気がつきました。人の顔だったりそれに付随する物語だったりします。

目に見えていると言うよりも心に浮かんでくると言う感じです。そして言葉や文章が聞こえると言うか感じるのですね。

先日身内の者が亡くなった時の埋葬では亡くなった彼女の自分は不自由だった身体を離れて自由になったと言う叫び声が聞こえたのです。

聞こえるのは耳に聞こえるのではなく湧いてくると言うか降ってくる感じなのですね。

彼女は活動的な人でしたが高齢でしたので身体の自由が効かずずっと欲求不満を感じているのは知っていましたがあの高らかな笑い声と自由を満喫する雄叫びは身体を逸脱したエネルギーへの信仰をさらに強めるものとなりました。

さらには患者さんが催眠状態の時に見ているイメージやそれに付随する物語を共有する事ができる事にも気がつきそれは本当に私には驚きだったのです。

どうしてこう言う事が出来るのか主治医に聞いてみたりしましたが説明不可能。そして彼女は説明の出来ない事は世の中には多々あると言うコメントにとどめました。

さてそんな私がこの満月で感じるエネルギー。それはいつもとは違う自分が飛び出す、とてもワイルドでデビルなエネルギーです。

やぎ座というのは角があり占星術ではデビルとも呼ばれています。悪魔的なエネルギーなのですね。