エネルギーと運


こんにちは!

さて急にですがそんな若い旦那と知り合って結婚するってすごいとか言われます。。。実はこれにもエピソードはありました。もちろん。

まず周りの人誰もがアメリカ人も含めて私が結婚した時に実は21歳だった元夫の事を信用していませんでした。

結婚したいと言うような事を言おうものなら、何を考えているのか、そんな若僧は何を考えているのか分からないとアメリカ人にも言われたものです。

もちろん彼の両親も反対でした。私が離婚している事だけでなく13も年上だったしそれだけでなくもちろん彼が大学を卒業したばかりだった事もあります。

アメリカでは飛び級があり、元夫は飛び級で卒業していましたからね。

私はと言えば30代で離婚した時にもう賞味期限切れという事で2度と結婚する事はないだろうと思っていたわけです。

それがすぐに降って湧いた結婚でした。私の家族は賛成でした。もちろん出戻りが結婚してくれれば助かりますからね。(笑)

しかし周りは友達も含めてほとんど冷笑しておりました。

でも結局は20年近く続いたわけですよね。別居したのは2013年でしたので結婚だけで15年はたっぷり一緒にいたわけです。その前を含めるともっと長いですね。

最初の結婚の3倍の長さですしもちろん密度も相当濃かったです。まず元夫はMITの大学生だったのですがウオール街で成功しました!

その成功までは色々ないきさつがありますが最初はとても普通だったのですが私は実は例のあげまんの相があるらしくどんどん出世したのですよね。

それは今デートする人たちにも起こっている事です。付き合い始めるとバーンと成功するのですね。

でも仲が悪くなるとそれは失速してダメになったりするのですがそれも同じです。実は元夫は離婚が成立した次の月に生涯はじめてのリストラに合うという曰く付きです。

いつもリストラがあっても逃れるチームに入っていたのですがあっさり離婚成立の次の月に職を失いました。

それもですね。アメリカでは書類にサインした日から離婚が成立するまでに何ヶ月もかかるのですよ。それなのに成立した日の次の月でした。

実は私はもちろん自分の運の威力のようなものを知っていましたから離婚を同意してサインした日から彼が職を失ったりしなければ良いな、と思っていたのでした。

でも20年もの間、それはもちろん初めての仕事を得た日から一度も失業すると言う事がない彼だったので大丈夫だろうと思っていたと言うか思おうとしていたわけなのです。

だから失職した時にはびっくりしたもののやっぱり、と言う感じもあったのですよね。