top of page

ヒプノシスに関するよくあるご質問

#催眠療法 #ヒプノシス #ヒプノセラピー






普段質問をいただく事が多いので催眠療法(ヒプノシス)がどうして有効か、どんな事に有効かちょっとよくあるご質問をここで書いてみる事にしました。


ヒプノシスはたくさんの問題に効果があり、私はとても多種多様な問題を持った方にセラピーをした経験があります。


例えばガンの患者さんの痛み、パニック障害、パフォーマンス向上、強迫観念賞、睡眠障害、などなど。


そして全ての問題や症状、それが実質的な痛みであっても効果があるのはやっぱり痛みなどにも精神的な作用があるからだと思います。


そんなわけで色々な用途に合わせたセラピーをご用意しているわけです。



上に挙げたような症状や問題をお持ちの方もいらっしゃるし、または人生を変えたい、自信をつけたい、自己尊厳を高めたい、自己否定的なネガティブな思考を消したい、などの目的でいらっしゃる方も多くいらっしゃいます。



科学的な観点で説明をすると、ヒプノシスと言うのは潜在意識の事です。潜在意識と言うのはとてもパワフルなものです。


潜在意識では脳を普段の意識化では5%くらいしか使っていないのに95%までを使えるようになります。


そして脳の活動スピードは意識の時よりも100万倍速くなります。


ちなみに意識とは普段起きている状態の事を言います。



潜在意識は実はランダムに1日に数回誰にもとてもリラックスしている時に訪れるそうです。高速道路の運転中や寝起きの時などですね。


潜在意識と眠いような感じで起きているのだか寝ているのだか分からないような感じです。そんな時は潜在意識が訪れているのだと思います。



そんなランダムに訪れる潜在意識は1日に数回ですが、もちろんとてもパワフルなものなのでそんな時に素晴らしいアイデアが浮かんだりする事もあるかも知れません。


しかしながらランダムだとあまり利益が得られないかも知れませんね。



潜在意識は導入によって呼び寄せる事だ全く可能です。それは自分でも出来るし、誰かに導入してもらう事も可能です。


自分自身で導入するものを多分、メディテーション(瞑想)というと思います。そして私(または誰かあなた以外の人)が導入するとそれはもう催眠(ヒプノシス)と呼ばれるんですね。


そうです。ヒプノシスとは誰かによって導入されて起こった潜在意識の事を言います。最近ではヒプノシスの事をガイド付きの瞑想(Guided meditation)などと言う人もいますが全く賛成です。



導入に必要なものはリラックスだけです。私が導入するときは身体をリラックスさせるように指示します。そしてその後、リラックスを深くするために波の音などを使います。


心のリラックスですが、これは数を逆に数えてくださいと指示するだけです。それが心のリラックスのテクニックなのですよね。


数を逆に数えたら実際にあなたは潜在意識に入っています。そしてそれは私の導入によって起こりましたから催眠にかかったと言う事になります。


とてもリラックスした状態で私はセッションでは熱帯の森の音を使ってセラピーをします。とても深いメディテーション(瞑想)のような感じでテレビや映画で観るような奇妙なものではありません。



ヒプノシスは生理的な反応のような感じで起こります。私が導入を行うと普通はあなたはすぐに潜在意識の世界に入って行きます。と言うことは催眠にかかると言う事ですね。


あなたが普通の脳を持っている場合は例え天才であっても催眠状態に誘われるはずです。さっきも言ったようにこれは導入に対する生理的な反応のようなものだからです。


マッサージに行くような感じですね。マッサージに行くと自然とリラックスしますよね。リラックスしない場合があるとしたらそれはリラックスしないと抵抗した場合だけだと思います。


もしあなたが自閉症、発達障害、重い精神病などを持っている場合は催眠にかかる事が出来ないかも知れません。



ヒプノシスに対する誤解ですがヒプノシスは受ける方の意思に反して何かをする事は出来ません。なので抵抗するとかからない場合もあると言えます。なので問題を解決したい方は抵抗しないようにお願い申し上げます。


ちなみに今まで催眠にかからなかった方と言うのはいらっしゃいません。



いらっしゃるクライアントさんとはヒプノシスの前に十分に時間をとってお話しするようにしています。クライアントさんが快適であればあるほどヒプノシスの効果も上がるからです。

ヒプノシスはとても効果的なセラピーですので毎週、何年もセラピーを続けるという状態にはなりません。


多分、短期決戦となります。最初のセッションから目に見える効果があるとクライアントさんたちもおっしゃいます。



それでは近くにお待ちしております!



素晴らしい1日を!

6 views0 comments

Comments


bottom of page