フェノミナル ウーマン


Phenomenal Woman

BY MAYA ANGELOU

美しい女たちは私の秘密がどこにあるのだろうと思う

だって私は可愛いわけではないしファッションモデルのようなサイズでもないし

それでも私が語り始めると彼女たちは私が嘘をついているのではないかと思う

だから私は言う

それは私のすぐ手に届くところにあるし

私のまあるいヒップにも

私の歩く歩幅にも

そして私の唇のカーブにもある

だって私は女

それも並外れた女

そう、私は並外れた女なの

それが私

私が部屋に入ると

それはもうあなたが目を見張るようなクールさ

そして男性たちは

立ち上がって私を見るか

ひざまずいてしまうか

それから私の周りに群がり

それはもうミツバチの巣のよう

だから私は言う

それは私の瞳の中の炎にもあるし

私の歯の輝きや

波打つウエストの辺りや

そして私の足にあるワクワクする喜びにもある

そう私は女

しかも並外れた女なの

そう私は並外れた女

それが私

男たちだって不思議がる

私の中にあるもの

だからそれを知ろうとする

だけど誰もそれには触れられないの

私の中のミステリー

そしてそれを見せようとすると

彼らはそれでも見えないと言うの

だから私は言う

それは私の背中のカーブにもあるし

太陽のような笑顔にも

そして盛り上がったバストの上にも

女神のようなスタイルにも

そうなの私は女

しかも並外れた女なの

私は並外れた女

それが私よ

今やっと分かったでしょう

なんで私がうつむいていないか

しかも叫んだりジャンプしたりもしないの

大声で主張する事も必要ないの

私があなたのそばを通り過ぎる時

私の秘密はあなたを誇り高い気持ちにさせる

だから私は言う

秘密は私のヒールの足音にもあるし

私の髪の毛のうねりにも

そして私の手のひらにも

そして私の真心にも

だって私は女

しかも並外れた女なの

並外れた女