マーク・ザッカーバーグでなくても出来る事



こんにちは!

昨日インスタを開くと目に飛び込んできたアップはFacebookのCEOのマーク・ザッカーバーグ氏の言葉を引用したポスト。

ちなみに私のインスタを見たい方はこちら。一応やっております!

「毎日自分自身に問いかけている事がある。自分は今自分のできることの中で一番重要な事をやっているのだろうか。」

そしてその後、自分の仕事が一番重要でないと感じる事はとても悲しい事だと言うような事も言っています。

これは実は私も自分の肝に命じているしそして患者さんとのセッションでも度々持ち上がるトピックです。

毎日何となく過ごしている私たち。例えば何年もやろうと思っていてもやってない事がある人もたくさんいます。

例えば部屋の一角がゴミ屋敷になっているのにさわる気もないとか。今日こそ奥さんに優しい言葉の一つもかけたいと思うのにやっぱり出来ないとか。分かれた彼女の事が忘れられずに今日こそ連絡してみようと思うのに出来ないとか。

何年も本を出版しようと書いたものを温めているのに出版社に連絡をとる事をずっとしてないとか。

実は私は日本とアメリカで本を出版しているのですが本を出版する時に本を出版するのが夢ですと言う方たちから連絡を頂いたりして驚いたのです。

ずっと何年も同じ本を書きためているのだそうです。ずっとお友だちだったのに一度も聞いた事がなかったのですよ。でもこっちが出版となってそんな話になったと言う流れです。

私はもう出版社に当たった方が良いよ、と言った次第です。

だって私の場合、日本の出版は書き始めてから数ヶ月で出版社が見つかったし、アメリカの時はキンドルか何かで出版しようかと思っていたら出版社さんから英語で出版しませんかと言うメールを頂いたのです。

だから出版に際して苦労したと言う事はないのです。そう言うと嫌味に聞こえるかも知れませんが本当なのです。

いつも言うように出版が難しいと信じていればそれがあなたの真実なので出版は難しいでしょう。

でも難しいとか考えたこともないとなるとそれは難しくないのです。私の場合はそうです。だから出版が難しくなかったのでしょう。