何かがのりうつったように感じる時



こんにちは!

さて10歳の男女の双子に毎日英語で作文を書かせて添削している私。この経験は本当に面白く子供たちの価値観やものの考え方などにふれたりそれだけではなく隠れた才能を発見したりと本当に価値ある経験に感謝しています。

さてコロナウイルスへの手紙どうでしたか。普段はメディアでの反応や世論などの影響で色々な事を考えがちです。

しかしながら自分の言葉で自分の考えでこうやって手紙を書いてみると意外な自分の本心などが理解できる機会でもありますよね。

メディアに煽動されたりものごとの本質を見る事を見失ったりする事は今の現代社会では本当にあると思うのです。

なので一人になって自分がどう言う風に感じているのか知る機会があればそれを得る事は本当に良い事だと思います。

そんな意味もありセラピーでも自分宛の手紙を書いたり、親宛の手紙を書いたり、はたまた過去の自分宛の手紙、未来の自分宛の手紙、となると本当にセラピーというか癒しの意味も深くなってきます。

是非お試しください。きっと色々な事が分かると思います。

自分の事であっても実は普段の状態(これを意識と言いますが)その状態で自分が理解していると思っている事は実は薄っぺらい表面だけの事だったりします。

患者さんの中でも自分がどんな風に感じているかや自分の問題なども実はよく分かっていないと言う人も少なくありません。

それは意識のレベルで解決しようとするからです。意識(普段の起きている状態です)のレベルでは私たちは脳の5%程度しか使っていません。

だから自分自身のベストの状態からは程遠いのです。だから自分の事をよく理解できなかったり自分以外の事を理解できなかったりしても不思議ではありません。

しかしながらその下の潜在意識のレベルになると脳の95%までを使えるようになりそして脳の活動速度は意識の時の100万倍となるのです。

その潜在意識は実はランダムに私たちに訪れるのですが導入というテクニックを使ってランダムではなく好きな時に好きな場所で潜在意識を使いたいという願いを叶える事が出来るようになりました。

素晴らしいですね。

そして導入というテクニックによって私たちに訪れた潜在意識を実はもう既に催眠というのです。

だから催眠はランダムに訪れる私たちに本来備わったこの才能をただ単に起こりやすいようにして起こした状態なわけです。