催眠の仕組み

こんにちは!

催眠というのはどうもミステリアスなようで日本人の方々だけでなくニューヨークシティで生活している色々な国から来た人たちも私が催眠療法士だと聞くと好奇心満々に聞き返して来ます。

まず本当に催眠療法士なのか、とか。私が人を催眠にかける事が出来るのか、とか。色々な質問です。

答えはイエスです。私は催眠療法士であり、人を催眠にかける事ができます。でも私が催眠療法を知る事になりまた催眠療法士となった理由はきっとその方たちが想像していたものと違うと思います。

私が催眠療法に行き着いた理由はとても単純で、私自身が高所恐怖症だった時に催眠なら効き目があるのではないかと思って試したらその効果に脱帽したのが始まりです。

私はミシガン大学の社会福祉の修士号を取得してサイコセラピストとして訓練も受け、そのキャリアを全うするつもりだったのです。

でも結果的にそうしなかったのは妹の突然の死にも象徴されるようにサイコセラピーには完治や即効的な効果がない事に失望して信じる事の出来ない事をなりわいにする事に抵抗があったからです。

さて無職となって8年が経過した時にこの催眠療法との出会いがあった事は本当に偶然ではないと今は信じています。

そして自然にこんなに効果のあるセラピーなら自分だけでなく他の人たちにも利用してもらいたい、そしてもっとたくさんの人たちに幸せになってもらいたいと思ったのでした。

だから催眠療法士になったというわけです。もともと訓練も受けてサイコセラピストとして患者さんをとっていましたから心理学などの勉強もする必要がなかったのも幸いでした。

さてよく聞かれる質問に催眠が効かない人っているんですか?というのがあります。答えはイエスでありノーでもあります。なんだかはっきりしない答えですが何故かは説明していきます。

そもそも催眠は大変に誤解されています。先日もテレビを見ていると催眠と称してうさんくさそうな洗脳のような事をするスパイのドラマ番組があったりします。

催眠と洗脳は広く混同されています。催眠が人を操って自分の知らない間に悪い事をさせられると言うのは私たちの恐怖や不安が作り上げた神話でしょう。

実際に催眠を使ってそんな事をさせるのは無理だからです。その方の意思に反して何かをさせると言うのは催眠ではなく洗脳です。その辺の誤解が始まりだと思います。

催眠というのは洗脳のようなドラマティックなものではなく、実は意識の下にある「潜在意識」と言う自然な精神状態を指します。

「潜在意識」の状態には自然にランダムに私たち誰でもが1日に2、3度は入る事が出来るのです。よく知られているのは電車の中でうたた寝や高速道路を運転している時です。

そんな時に寝ているのでもなく起きている状態でもないと言うような状態になります。それが潜在意識だと言われています。

高速道路の運転中に絶対にうたた寝をしていないと証言しても脳波を測るとそれは「意識」という通常の起きている状態ではなかったという科学番組をテレビで見た事のある方たちもいると思います。

起きているような寝ているような感じがするこの精神状態