催眠療法の秘密

こんにちは!

ニューヨークシティは寒いですが今年は雪が少ないようで雪かきの機会がなく比較的に過ごしやすい陽気です。

世界の各地で皆さまが素晴らしい日々を過ごしていますようにお祈り申し上げます!

さて催眠療法とは聞きなれない言葉の方も多いと思います。そして催眠とは一体何なのか知らない方がほとんどだと思います。

最近では催眠という言葉を使わずに潜在意識という言葉をよく使っているのを耳にします。催眠と潜在意識とは実は同じものです。

催眠状態と言うのは潜在意識という特殊な精神状態にあなたの脳がある事です。普段の状態からこの潜在意識という状態になるのは比較的まれな事です。潜在意識が普段の状態のようにまれに起こればそれが普段の状態となりますものね。

たまにしか起こらないこの状態、潜在意識というのはそんなものです。それでも潜在意識は1日のうちに数回私たちにランダムに訪れるのだそうです。

だから多分素晴らしい決心や気づきを起こした時は多分それが潜在意識の状態なのではないかと思います。

このランダムに訪れる潜在意識の状態を好きな時に起こしてその状態にステイしようと思うとちょっとした努力が必要で。それが導入と言われるものです。

導入はその状態に行くように誘うものですがそれに必要なのは実は身体と心のリラックスだけです。

よく成功している人たちが瞑想していると言いますが瞑想は深さにもよりますが多分とても潜在意識に近い状態になると思うのです。

だから瞑想状態の時に良いアイデアを思いつくだけでなく、瞑想しているお陰で普段から潜在意識の状態になりやすくなるので多分ランダムにくる潜在意識の回数や深さが増したり、それを上手に使う方法を自然と身につけたりできるのは想像にしやすいですね。

そして導入を施して達した潜在意識の状態を実は催眠状態と言います。ランダムに起こるのではなく好きな時に潜在意識の状態に入りその状態にステイする事を催眠状態と言うのですね。

なので自然に起こる潜在意識と催眠状態は本当に似ているそうです。潜在意識に入ると脳は普段5%くらいしか使っていない状態から95%までを使えるようになります。そして潜在意識ではあなたの脳の活動スピードは普段(または意識と言いますが)の100万倍になります。

それが潜在意識の力です。だから実は潜在意識を使い続けると意識の状態よりもエネルギーを大量に使うために疲れる事になります。

だから催眠状態を長く続ける事はとても困難となるし瞑想状態で邪念のために集中できないのと同じで潜在意識にずっとい続けるのはとても集中力のいる事です。

私が意識の中でセッションを行なっていた時とは今のセッションの効果は全然違う状態にあります。何年もセラピーに通うとか最初のセッションで効果を自覚できないという事は催眠療法ではありません。

私のセッションでは最初のセッションから10人のうち9人までが明らかな気分の向上を経験します。

心理学に基づいて行っている私のセッションですが患者さんの脳が素晴らしいと理解力も素晴らしくなるわけです。

誰もが高いセルフエスティームを持つ事が良い事と知っています。でもそれをどうやって達成するか。

意識の中で5%程度しか脳を使っていない状態で理解するか。潜在意識の中で95%までを使っている時に理解するか、です。そして潜在意識では脳の活動スピードは意識の100万倍なのです。

癒しのプロセスでもそれは同じです。危険は去った、辛い事は終わった。そんな事は分かっていると思うでしょう。

でもそうではありません。PTSD(Post Traumatic Stress Disorder)などの顕著な例ではまだ命の危険にあるという信仰を捨てることができないために症状を発生します。

大きな音がしたりトラウマの出来事を彷彿とさせることが起こるといまだに命の危険はある、というモードに入ります。

すると気もそぞろとなり冷や汗をかいて怯える事となるのです。でも普段の状態では自分はもう戦火の中にはいないと理解していると思っています。

本当にそうであればPTSDの顕著な症状は起こらないはずなのです。

これは顕著な例ですが私たちの過去にはそれと同じような事が起こっていて恥ずかしかった事、辛かった事は私たちの中に今もその時に味わったままに残っています。

それをインナーチャイルド、と呼ぶのですが。この癒しも潜在意識だとスピードアップし効果も倍増するわけです。

</