全ては良いことである

こんにちは!

今日はニューヨークは21度で久しぶりに生足が心地良い陽気でした。毎日たくさんの事が起こり毎日学びの日々です。

さて、コロナウイルスの事ですが患者さんたちの中には本当に不安になる方たちがいらっしゃいます。ニューヨークでも患者が出てそのうちに学校も休校になるだろうと言う勢いです。

ものすごく怖い病気でもないように思いますが本当にメディアが騒ぎ立てるおかげで大騒ぎになっていますね。

よく聞かれるのです。心配ではないのかと。皆さんはどうですか。元夫にも心配か聞かれました。でも答えはシンプルにノーです。

そうすると彼はでも子供たちには手を洗うことを勧めているかと聞かれたのでそれにはもちろんだ、と答えました。もちろんです。楽観的な事と無謀な事は全然違う事なのですよね。

実は私はコロナウイルスの事はあまり知らないのですがかかる確率はきっとすごく低い事でしょう。宝くじに当たるくらいの確率でしょうか。

その宝くじにもよりますがそんなような確率だと思いますが。宝くじに当たったら何を買おうかと真剣に考えている人には出くわしません。しかしながらコロナにかかるのではないかと思っている人はたくさんいます。

それっておかしいと思いませんか。同じような確率なのにコロナにはかかりそうな気がするのに宝くじには絶対に当たらないと思うって。

もう気がついたかも知れませんがとっても良い事が自分に起こると思っている人は少ないのに悪い事が自分に起こると思う人たちは多いわけです。

パナソニックの創始者の松下幸之助氏は社員を採用する時に必ず自分は幸運だと思うかどうかと言う質問を入れていたと言います。

そして幸運だ、と答えた人だけを採用したそうですよ。皆さんはどうですか。自分は幸運だと思いますか。

松下幸之助氏はもちろん自分の事を幸運だと思っていたそうです。しかもその理由が一度川に落ちて溺れそうになったのだけれどその時が夏だったので寒さで死ぬと言う事もなかったし、命が助かったからだそうですね。

川に落ちた経験を持っていればそれのせいで幸運だと思うのはおかしいと世間は言うでしょうね。でもやっぱり大事にはならなかったのだからとても幸運だと私は思います。

ではどうして良い事が起こると思う人の方が悪い事が起こると思う人よりも圧倒的に少ないのでしょうか。

これは俗に言うポジティブシンキングというやつですよね。良い事が起こると思えると言うのは。ではポジティブな人よりもネガティブな人が圧倒的に多いと言うことになります。

実は人間の脳とは良いことよりも悪いことの方を覚えているように出来ています。それは例の防衛本能というものです。

生き物にとって死ぬという事が一番良くない事なわけですね。自分のDNAを子孫に伝えていく事が生き物の宿命ですからその使命を果たすためには死んではいけないわけです。

死ぬ確率を下げるためにこの防衛本能はあります。例えば私のところに恐怖を消してもらいたいという人が来る事があります。

恐怖を消す事は出来ません。それは防衛本能の最たるものです。恐怖がなければどんな危険も顧みずすぐに死ぬことになるでしょう。

生き物として死ぬ事はいけない事なので死なないように恐怖という自然な感情が存在するわけです。だから恐怖を消す事は無理です。

しかしながら恐怖をずっと持ち続けるとそれは身体にも心にも良くありません。その場合は催眠療法がお手伝いできます。でも恐怖という本能の感情は消す事は出来ないのです。

この防衛本能が死んではいけない、というこの生きる使命が私たちに痛みや恐怖やネガティブな事を強く覚えさせるのです。

楽しい事を覚えているのは素晴らしいですがそれは死を避けるという防衛本能から比べればとても優先順位の低い感情と言えるでしょうね。

脳はとても優秀なので夜道で虎に襲われるような事があればもう2度と夜道を歩く事はないかも知れません。

死にそうになった恐怖というのはそう簡単に忘れないのです。それはもちろん防衛本能のせいです。一度死にそうになれば2度とそんな事がないようにその恐怖をそれは強く強く心に刻むのです。

死、だけではありません。心の痛みもですね。裏切られたり失恋したり騙されたり。そんな事があると2度と人など信じるものか、2度と恋などするものか、となったりします。

それも心の痛みを2度と味わいたくないという一心から来ているのです。

考えてみれば人生に良い事も悪い事も同じような比率で起こっているはずです。もし実際に50%づつの比率だとしても悪いことの方をずっと強く記憶に留めるのが脳ですから悪いことの方がずっと多いと思うのが自然です。

なので日常的にポジティブに生きる事は実は私たちの本能への挑戦のようなものかも知れませんね。

さてコロナウイルスに戻ります。ドクターのところに行けばマスクを勧められるし、ネイルサロンに行けばガラガラです。そして先日、ウーバーに乗った時に客足はどうかと聞くとあまり影響はないという事です。

この騒ぎで電車に乗るのを避ける人たちもいるのだそうです。なんでまたこんなに大騒ぎしているかという話になって。私は言いました。

例えばコロナにかかったらそれはそれで滅多にない経験ではないかと。友達には「実はコロナにかかっちゃったんだよねー」と言えばドン引きされるでしょうね。

でもそこで「でもそんな大した事なかったし」とか言えば、とか。とにかく色々なジョークを言って笑っていたのでした。

そんな無謀な、とか思いますか。

でもコロナにかかるかどうかなどという事は本当にわかりません。ちまたで言われている引き寄せの法則的に言えばかからないと思っていればかからないと言うことになりますが私は引き寄せの法則はそんなものではないと思っています。

コロナにかかるもかからないもそんな事には全くコントロールはないわけです。それだけでなく仕事が上手くいくかとか結婚できるかとかそんな事も全てです。

世の中で起こる事の全てに実はそれを制御(コントロール)する力は私たちにはありません。

コントロールする事ができると言うのは実は幻想です。多分世の中が便利になったりするとコントロールできる事が多くなるのでそれで誤解するのでしょう。