命の種類と波動



こんにちは!!

エネルギーの話です。エネルギーとは科学的なものでももちろんあります。日本人だとオーラとか言う人が多いように思います。

エネルギーとは私たち、人間であればミクロの単位の細胞が40兆個あるそうです。その一つ一つが生きていれば震えているのだそうです。

これは長い間60兆個と考えられていたらしいですが今は40兆個に落ち着いているそうですね。

震えは命の証拠とも言えるわけです。震えていないとその細胞は生きていないんだそうですから。

そしてその震えが私たちの身体から震え、すなわち波動を放っているそれをエネルギーと言うそうです。

だからその震えとは命の種類と言っても良いと思いませんか。だからエネルギーとは命の種類、どんな命を持っているかと言うことでもあります。

このエネルギーは嘘をつきません。例えば患者さんの中でとてもフレンドリーな感じで微笑みをたたえて落ち着いた感じに見えても私が感じるエネルギーはとてつもない緊張だったり恐怖だったりもします。

どんなにニコニコしていてもこの人は悲しいに違いないと分かる時とかありませんか。そしてその感覚は本当に正しいと思ったりします。だって震えなら感知できるはずです。

そしてエネルギーは実はどんなに離れていても感知できるものでもあります。こう言った事が多分、虫の知らせとか予知能力とか透視能力とか色々言われるのだと思います。

それだけでなく目の前の人がとても幸せそうにしていたとしても、そして本人が自分が幸せだと思っていたとしてもそれが本当のエネルギーでない場合もあります。

自分の奥底にあるエネルギーを意識の中では認識していない例です。なんと言っても意識のレベルで感じている事はごく表面ですからね。

そしてエネルギーは一番奥の潜在意識からの真実を波動として放っています。

そうです。エネルギーは私たちの中から放たれているもので一番真実を伝えているものと言えるでしょう。

今はたくさんのエネルギーワークがあります。そしてすごく簡単に誰かにエネルギーと入れ替えてもらうとか悪いものを取ってもらうと言うコンセプトがあったりします。

サイキックなどで幾らかのお金を払えばエネルギーを良くしてくれるとか聞きますが私はこう言ったものを信じていません。

エネルギーとは自分の中にあるものです。もちろんです。細胞の震えなのですから。

それが悪霊であっても生きている人間のエネルギーであってもエネルギーである事に変わりはありません。

考え方としては身体があるかないかしか違いはありません。今の科学ではエネルギー(これはスピリットとか魂とかとも呼ばれていますが)の重さをミクロの単位で測れると言うのですから。

死んだらこのエネルギーが身体から抜け出るためにミクロの単位で体重が減少するそうです。

だから身体がないバージョンのエネルギー体がその辺にいてもおかしくないわけです。そして昔からそんなものを霊とかお化けとか言っていたのではないかと思います。

だから生きている(すなわち身体がある状態)でも身体がないエネルギーの状態でも原理は同じだと思うのです。

自分から出しているこの震えが共鳴したり呼びあったりして他のエネルギーを引きつけたり遠ざけたりしているわけですね。

と言う事はもちろん自分の持っているエネルギーを変えないとこの繋がりは切れないと言う事になります。

結論を言うと悪霊であろうと生きている人間であろうとそれを引きつけているのはあなただと言う事になります。それか双方の同意の上とか。