地球を救う方法

こんにちは!

私たちの周りには前向きな考え方、ポジティブシンキングが蔓延しています。そしてたくさんの人たちがそれがどんな事なのか分かっていると信じているのです。

でも本当でしょうか? 知っていると思っている事と本当に知っている事は全然違う事ですから皆さんが本当に知っている事を願います。

本当の理解こそが私たちにその前向きな考え方を実行させる事になるのですから。

例えば精神科医の患者さんなどがいらっしゃいます。もちろん心理学の理屈は分かっているのです。だけれどもそれが自身の心理的な問題を解決する事にはならないのです。

理屈を理解する事はそれを癒したり治したりする事とは全く違う事です。筋肉の力を抜けばリラックスできます、と聞いて筋肉の力を抜こうと思ってもそれは簡単にできることではないのと同じです。そんな事が出来るのなら肩こりはありません。

そんな方々の心理的な問題を解決する手伝いをするのが私の仕事であり、筋肉の力を抜けない方たちのためにはマッサージ師の方がいらっしゃるのです。

例えば水泳の話です。前もって泳ぎの本を読んでどんな風に水をかくか学びます。きっと泳げる、と信じるまで読むのです。

そして意を決して水に入るとどうなるでしょう。多分、こんなはずではなかったと思うか、沈んで水を飲んだ時はどうするのかと言う章を読んでおくべきだったと思うかも知れません。

私はテニスの初心者ですが本当にテニスはやってみると難しいものです。そしてその上達は身体の強さや能力には関係なかったりします。

今までの例は身体を使ったスポーツの事だから分かりやすいかも知れません。知る事、知っていると思う事、そして実際にそれを出来るようになる事には大きな差があると言う事です。

そうです。全ての事は同じ理屈で成り立っています。スポーツも仕事もそして前向きな考え方もです。

しかしながら誰が前向きな考え方の水のかき方やスイングをチェックしてくれるでしょうか。大抵の人たちは前向きに見せるのが上手です。どうすればどう言えば前向きに見えるか知っているのです。

本当の自分を見せたりさらけ出したりする事は稀だと言わねばなりません。

時々子供の学校に行く事があります。学校での活動を見たりショーを見たりします。ショーは歌や踊りや音楽なのですが。

そのショーの内容はほとんどが “差別”や “ファイティングスピリット” などだったりします。と言う事はこの世の中は良くないところだと言う考え方なのです。

その考え方やエネルギーは私を良くない気分にさせます。ほとんどショックです。だって誰一人として世の中が良いところだと言う事を子供たちに教えないのですから。

素晴らしい事が私たちの周りで毎日起こっているのにその事には触れないのです。どうしてかと言うとそれが私たちの考え方なのです。

実は全てのものには良いところと悪いところがあります。人々にも、あなたの仕事にもそしてこの世界全体もそうです。そして私たちは良いところだけに注目して生きるべきです。

テレビのニュースなどももっと前向きな話を流せば良いと思います。そして素晴らしい事は本当に日常的に起こっているのですから。そうすれば私たちはもっと前向きに生きられるはずです。

もしあなたにものごとの悪いところばかりに目が行くような癖があるのなら改善の余地があると思います。どうしてもネガティブな事ばかりに注目してしまうと言うのならその理由を抹消するのをお手伝いできます。

幼い子供たちは私たちの将来を担う存在です。この子供たちが将来、世界を動かしていく事になるのです。そして今日、その子供たちは世界はネガティブなところであると言う信仰を持つ状況にあります。とても残念だと思うのです。

誰が子供たちにポジティブなところに目を向けるように言うのでしょうか?将来は明るいと?そして一緒にこの世界をもっと良いところに出来ると言う事を。このコンセプトは正しいはずです。

患者さんの中には自分がマイノリティであるとか差別される状況にあると信じている方々がいます。

お話をうかがって私は言うのです。私は無知ではないですが自分が差別される存在であると信じる事にはまったく利益はありませんよね、と。

たくさんの人たちが自分が成功していないのは差別を受けているせいだと言います。例えば人種や育った環境や親のせいだとか。

しかしながらその理由がすっかり自分が成功していない事の言い訳になっているとしたらどうでしょう。世の中にはマイノリティであったり不幸な環境に育ったりしたのに大成功している方たちはたくさんいます。

そしてその人たちは言い訳をしなかった人たちだと私は思います。

たくさんの患者さんたちが自分に満足したら向上はないと信じています。しかしながら私たちはすでに子供を褒めて育てるともっと成長するし成功すると知っています。

ならどうして私たちは自分を褒めて育てないのでしょうか?

自分を褒めて成長するし、またこの世界ももっと良いところとなるでしょう。自分に満足しそしてこの世界ももっと良いところになるのです!

この世にはファイティングスピリットがあふれています。しかし