夢はちょっと考えただけで叶う

こんにちは!

今週は更新が遅れてしまいました。。と言うのも私の著作本、「成功の法則ー幸せになるには」の英語版がいよいよ2020年の1月3日にアメリカで出版されます。

それに向けての最終原稿が来てチェックをするのに1日しか時間がなかったのです。でも大切な事ですし、何とか仕上げて原稿を返したところです。

英語版は”Rules for Success-How to live happily” となります。ネットの書店でも買える予定ですし、電子書籍も出る予定です。

日本で本を出版した時もそうなのですが自分で書いておいて編集が入ると本当に見違えるようになるのですよね。誰が書いたのかと思うくらいです。でも自分なのですよね。私にはゴーストライターはいません。

初めてニューヨークのローカルの新聞に自分の記事が出た時もこのすごい女性は誰?と思ったのですが自分なのです。

記事になってしまうとすごく見えてしまいます。もちろん書いてあるプロフィールや内容に相違点はないのですがやっぱり記事になるとすごくよく見えると言うのはありますよね。

この本を書いたのは2016年の事です。それまで私は作家になりたいとか本を出すのが夢とかそう言った事は少なくても意識の中では考えていませんでした。

前にも書いた事がありますが作文は好きでした。小学校3年生の時に私の将来のような作文がありそれに私は将来外国人と結婚して外国に住んで男女の双子を産むと書いたのです。

そして実はこの作文の私の将来は実現してその通りになりました。ですがそのアイデアもいつもそう思っていたわけではなくそれを書いた頃にその考えに傾倒していたと言うのが正しい表現です。

潜在意識とは本当に不思議です。意識の中でいつも思っているからかなうと言うわけではないのですよね。どんなに思っても叶わない事は叶わないのです。でもちょっと思っただけでもかなう事はかなうのですよね。

ちょっと思ったと言ってもそれは意識の中で思う事です。潜在意識の中ではそれはちょっとではなく深く思っているのかも知れません。

いつもセッションの際にも言うのですが普段私たちが生活している意識という世界は本当に表面だけの世界です。私たちの本心や信条などは実は意識の中で認識していることから本当にかけ離れていたりします。

意識の中ではこうしなくてはいけないとかこうするのが正しいとか本当はこうしたいけど人の目があるからこうしようとかそんな事は日常生活の中で普通に起こっています。

私たちはこの社会や人の目、標準などを深く承知していてそれに合わせて生活しているのです。そうしなければ罰を受けたり批判を受けたり、人気がなくなったりするからです。

日常生活の中で不都合を感じれば感じるほど多分それは日常生活の中で外の世界に対して発している自分と本当の自分のギャップが大きいと言えるでしょう。

ほとんど自分のままでうちにいる時も外にいる時も振る舞えれば一番ストレスが少ないわけですからね。ありのままの自分でいればいるほど気楽なわけです。

しかしながらありのままの自分を社会が受け入れないと思えば思うほど外と内のギャップは大きくなります。

そしてその理由は社会で脱落したくないだとか人に嫌われたくないだとかそんな理由です。でも本当にありのままの自分を受け入れてもらえると信じられたらこんなに気楽な事はないと思うのですがどうでしょう。

そしてありのままの自分を受け入れてもらえると真に信じる事、またはもし受け入れてもらえなくても自分自身でいられると言う事は真の意味で自分自身に対して本当に快適であると言う事です。

そしてそれを実は本当の自信と呼びます。自信とは自分自信に心底快適に感じていると言う事なのです。

しかしながら自分に嘘はない、ありのままで行動している、と信じていたとしてもやっぱり意識の中の世界ではそれは表面的な観測であり私たちの真実の能力からは程遠い世界での自己評価だと言えるでしょう。

なぜなら「意識」と呼ばれる私たちの起きている状態では私たちは脳のほんの5%程度しか使っていないからです。これは科学です。

実は私たちは自分たちに起こった事全てを覚えていると言います。正確には記憶の全てを脳に保存しているという事です。

しかしながら保存していてもそれをダウンロードして認識するには普段の5%の脳の使用量では困難となります。

膨大なファイルをとても容量の少ないコンピューターにダウンロードするようなものですから昨日の事も正確に覚えていないと言うのは正しい反応だと言えるでしょう。

それでも脳は全てを保存しているのですからこれがまたややこしいのです。自分が意識の中で認識していない事も保存してあるのです。

すると自分の知らないうちに保存してある記憶が何かの拍子に表に出てきてそれによって私たちは反応を経験するかも知れません。

世の中には色々な刺激があふれていますから考えてみた事もない脳の奥底に眠っている記憶が刺激を受けて表に出てくる事は不思議ではありません。

それが良い記憶なら良いのですが悪い記憶だと何だかよく分からないけど気分が悪い、落ち込む、と言うような事が起こるかも知れません。

そして残念ながらそれが悪い記憶である事の可能性が高いと言えるかも知れません。それは脳の性質から言える事です。

脳はトラウマと呼ばれる私たちの精神に負の影響を与えた経験や考えを消化しようとする性質があるからです。

脳にその記憶がありそれが未処理であると。と言うのはトラウマを解消していない状態であると言う事です。

脳はそのトラウマを安全に感じるまで消化しようとする本能があるからです。だから恥ずかしかったり嫌だったりする思い出は機会のある度に何度も何度もあなたの意識に上がってきます。

潜在意識とは私たちに備わったとても自然な精神状態です。潜在意識と言う精神状態は自然にランダムに私たちに訪れています。

だから自分ですごく良いアイデアが浮かんだりする時は実は潜在意識を使っているのかも知れません。

自然な精神状態ですからそれを使っている時も劇的な感じはないのです。寝入りばなや電車に乗っている時、運転している時になりやすいとか言います。

多分瞑想なども潜在意識にすごく近いのではないでしょうか。