幸せはやって来る

こんにちは!

私の著作本、成功の法則ー幸せになるには(文芸社)の英語訳版がアメリカで出版される事となりました。出版予定日は2020年、1月3日です。お楽しみに!

日本語版の時もそうでしたが本というのは編集が入ると本当に見違えるように素晴らしくなります。日本語が母国語の私が自分で書いた本なのにそれが本当に誰が書いたんだろうと思うような感じになるのですね。

日本語版の時もそう思いましたが英語版の時はもっとそれが顕著でした。英語版も私が書いたのですが編集は本当に素晴らしく洗練された文章となりましたので是非機会があれば英語版も読んでみてくださいね。

毎日の生活の中でどんな風に生きれば幸せになれるか。幸せなどと言うものが一体何なのか、全く知らないで人生の大半を過ごした私が、高所恐怖症が元で催眠療法を経験し人生を変え、その経験を元に書いた本なのです。

幸せとは何か。どうすれば幸せになれるかを書いた本ですので是非読んでくださいね。

さてこの本にも書きましたが私は催眠療法との出会いから人生を全く変える事となりました。

社会福祉の修士号を取ったのですが最終学期に実の妹が突然亡くなったことからモチベーションをなくしそれから実子である双子の出産とほぼ同時期に妹の子供たちをティーンエイジャーで養子にしたのです。

アメリカのビザの問題で養子の子供たちとアメリカに住む事が出来なかったために海外に引っ越す事となりました。

シンガポールに引っ越したのは2011年の事でありその小さな国で高層ビルのペントハウスに住んだ時に私の高所恐怖症が問題となり催眠療法を初めて受けたのです。

社会福祉の修士号を取ったのはセラピストになるためでしたし、きちんとした訓練も受けて患者さんも取っていたのですが催眠療法などと言うものには全く無知でした。

しかしながらそういった恐怖症には催眠術が効くだろうと言うのは分かっていてそれを乗り越えるために生まれて初めて催眠療法を受けたのでした。

効果は驚くべきものでこれをきっかけに今まで「意識」の中で行うセラピーの効果に不満足だったことも高じて催眠療法で自分の抱えていた問題を解決しようと決めました。

当時は全く子供がいない状態から一気に4人の子供の母親となり忙しかったし無職だった事もそうは気にしていず、キャリアを持とうとか人生を変えようとかそんな事は考えていなかったのです。

しかしながら日々の生活の中で気になる事があったり、気分が悪くなったり、または幸せを感じられない事を解決したいと思ったのでした。

子供が居ない時は子供がいれば幸せだろうとか夫婦2人で学生だった時は金持ちになれば幸せだろとか思っていたのでした。

実際に子供が出来て、しかも養子も居て、当時の夫は成功してお金も出来たのに結局は幸せを感じる事は出来なかったのです。

その事で私の価値観は揺らされました。自分の持っていないものを得れば幸せになるだろうと信じていたのです。

欲しかったもの全てを手に入れても幸せを感じられない事は本当に問題になっていたのです。そんな時に催眠療法に出会ったのです。

セッションを受けると目に見える効果や軽くなった感じがあり「意識」の中で行うセラピーとは全く違う事に本当に感心したものです。

心理学を修士号で勉強し、セラピストとしてもセッションをしていた私ですからとても興味を持ったものです。

何よりも効果の高さは特筆に値しました。セラピーは長くかかるもの。何年も通うものである、という常識をくつがえすほど効果は目に見えていました。

さて幸せになったのは痩せたからですか、とか。無職からビジネスを立ち上げて著作本を出版したからですか、とか聞かれます。

痩せたのは多分、アメリカのサイズ16が最高で今のサイズ4まで落ちました。体重で言うと最高値から30キロ近く、シンガポールの頃からは多分15キロくらい減っていると思います。

実は痩せるために催眠を受けていません。幸せになったのは痩せたからでもビジネスを立ち上げたからでもありません。

心の問題やインナーチャイルドの問題を催眠療法によって解決していったら自然に痩せてきたし、ビジネスを立ち上げてしまったし、また幸せになった、と言うのが正直な経過です。

この辺の経過は著作本、成功の法則ー幸せになるには(文芸社)に書いたので是非読んでいただきたいのですが気分が良い日が確実に増えて毎日の生活が本当に軽やかになるのですよね。

そんな風に自分に変化が訪れたり、養子の子供たちが催眠療法の効果により実の母親(私の妹)の死を乗り越えたり。

養子の息子くんなどは私と同じくらいの減量に成功しました。そして彼は元々日本の学校でも学年でビリだった上に英語で苦労してシンガポールの学校を放校になったのにのちにニューヨークの高校を無事に卒業しとても良い大学から合格をもらいました。

この辺の経緯は著作本に書いたので割愛しますが私も養子の子供たちも催眠療法によって人生を変えたのです。

いつも言っていますが食べ過ぎたり飲み過ぎたり、そんな事があるとその行動やアル中や肥満である事が問題になります。

しかしながら実は中毒や肥満の前に心にある負のエネルギー、インナーチャイルドの問題があるから食べ過ぎや飲みすぎを引き起こすのです。

負のエネルギーや気分の悪さは毎日の生活の中で完全に軽視されていて、慣れると誰もがこんなものだろうと思うのです。

ですが実はこの毎日の生活の中での気分の悪さ(負の感情/負のエネルギー)が本当の問題なわけですよね。

そして食べる事だったり飲む事だったり、ドラッグだったり。自分の大好きな事をたくさんするようになるとそれは自分の中の負のエネルギーがとても多くなっていると思って間違いありません。

負のエネルギーから自分の注意をそらすために仕事をたくさんすると言う行動に出るかも知れません。でも仕事をしてもしても生産性が高いとは言えないのではないかと思います。

人に寄ってはビデオゲームに依存したりテレビを見続けたり。とにかく自分の一日の中でたくさんの時間を取っている事、それがあなたをあなた自身の負のエネルギーから注意をそらせるディストラクターである可能性はとても高いと思います。

長時間ネットのサーフィンをするとか、ビデオゲームをするとか。やらなければいけない事があってもネットのサーフィンをやめられないとか。

1日の中でこんな風に何かに没頭しなければいけない時間が多ければ多いほどあなたの生産性は下がる事となるでしょう。もちろんそうです。それに時間を取られますからね。

そうなるとネットやテレビやビデオゲームの依存症という症状が問題であり。その症状を緩和するために治療を受ける事となるでしょう。

そのディストラクターが飲み過ぎや食べ過ぎ、タバコだったりすると中毒や肥満が問題となります。そうです。そのディストラクター自体が問題になるのです。

そしてそのディストラクターを治療する事となるのですが。実は本当の問題は心にある負の感情なのですね。

そうです。ディストラクターである飲み過ぎや食べ過ぎを解消する時にその根本である心の中の負を解消すると飲み過ぎや食べ過ぎがなくなるだけでなく、毎日の気分もとても良くなるというおまけ付きなのです。

リハビリにいってアル中を治しても自分の中にある負に対処しないでいるとまた飲み始めるかも知れません。

そうでなければ飲むのをやめても今度は食べ過ぎに走るかも知れません。なぜならあなたの中の負のエネルギーはまだそこにあって解消されるのを待っているからです。

この負のエネルギーを解消するにはインナーチャイルドのワークやエネルギーワークなども有効です。

是非お試しください。対面セッションはニューヨークのオフィスでスカイプセッションは世界中でアクセス可能です。

お待ちしております!

素晴らしい1日を!!

#うつ #負の感情 #カウンセリング #潜在意識 #依存症 #催眠療法 #サイキック #エネルギー #ライフコーチ #エミッグ美津 #ニューヨーク

0 views
Location

115 Broadway Suite 1800

New York NY 10006

mitsuhypnosisny@gmail.com

917-488-6175

**Online (Skype) sessions available**

  • Yelp
  • Amazon
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Vimeo