愛情過敏な人たち パート2


こんにちは!

さてパート2です。パート1を読んでいない方は読むのをお勧めします。書いていると長くなってしまい2つに分ける事にしました。

愛に敏感だとすごく都合が良いと言う話でした。微量の愛を感じるとすぐに化学反応を起こし幸せになれるなら本当に良い人生だと言えるからです。

そして愛を求めるのは私たちに備わった本能だと言う事です。

幸せと愛に成功はもちろん関係ありますね。「成功」が幸せをもたらすと信じる人は多いです。

この場合の「成功」とは有名になったり金持ちになる事を普通は指します。でも何のために成功したいのでしょうか。

お金を得て両親に楽をさせてあげたい、もっと言えば両親にお前を生んで本当に良かった、と言ってもらいたい。

そんな事は両親からの了承や認識として心理学では広く知られています。世間に認められたり「成功」したい理由がそこにあるだとか。

子供にベストな人生を提供したい。それもあるでしょう。

でももっと突き詰めて考えれば自分の価値や能力をたくさんの人に知ってもらいたい。一番重要な人(それは多くの場合両親ですが)に理解してもらう事が目的だったりもします。

もちろんですね。だからどんなに有名になっても両親の反応だけが気になったりする人もいるでしょう。

自分の価値や能力を証明したい。そうも言えます。それはやはり自分の価値に気がついてもらいたい、視線を、しかも尊敬の視線を注いでもらいたいと思う事につながっています。

そうです。ここでもやっぱり愛、が焦点になってきます。

愛を得るために「成功」を手にしたい。そう言えるでしょう。

それなら、「成功」を目指してひたすら努力するよりも微量の愛や恵みで過剰に反応して幸せになる方法を開発した方がずっと良いと思いますがどうでしょう。

でも世間ではそうではありません。それは一重にこの世の中では「成功」、すなわちお金を得たり名をなしたりする事が私たちを幸せに導くという信仰を持っているからです。

自分が満たされない理由、幸せでない理由を外側に求める考え方です。お金がないからだ、有名ではないからだ、何かを持っていないからだ、独身だから、などなど。

そしてこのシンプルな理論の間違いに気がつかないのはきっとこの「成功」、すなわちお金や名声を手にした人たちが極端に少ないためです。