満足しない主義


こんにちは!

なんとこの火曜日から9月という速さ。時は瞬く間に流れると思う今日この頃です。以前にも言いました通りこの9月からニューヨークの公立学校は再開する予定です。

子供たちを二つのグループに分けて月曜と火曜のグループ、そして木曜と金曜のグループに分かれて登校。ちなみに水曜はグループが隔週でシェアするというスタイルです。

素晴らしいですね。

確か二人の子供が違うクラスで2週間以内に感染した場合は学校は再び閉鎖になるという事だったと思います。

なので早くも学校はすぐに閉鎖になるだろうという声も聞こえています。

そして実は3分の1の子供たちが100%オンラインクラスを選択していますのでこの学校再開は全部の子供たちではないわけです。

さていつもドラマの多い人生だと言っている私。決して自分で呼び込んでいるわけではないのですがなぜかそうなるのは例のグランドクロスというとてもまれな星回りのせいなのかと思っているわけです。

しかしながら妹の突然の死。そしてその子供たちをティーンエイジャーにて養子にしたあたりからこのドラマティックさは加速しています。

それでも妹の死はもちろん私が呼び込んだわけではないし、養子も実は私の元夫の発案なので私が呼び込んだわけではありません。

もちろん反対して養子にしないという道もあったのでその件に関しては私にも関係があると思うのですがまあ反対するという強い意志もなかったわけです。

養子の子たちにアメリカのビザが降りなかった事からシンガポールに2年間移住。そしてそこで元夫と別居、そして離婚。

それからもドラマはずっと続き、退屈を感じる暇もない様相。恋愛においてはまた妙な事が起こるという展開も。

シンガポール移住中に催眠療法と出会ってからは特に不思議な事が目立って起こるようにもなりました。

その中の一つが例のサイキック能力です。どういうわけかどこでいつ誰とばったり会うとかそういう事を何週間も前から感じるとか。。

そして本当にそうなったりするのですよね。その事が読みたい方はこちらから。

本人はお告げと呼んでいます。それが本当に当たるかはこちら


そして今回またドラマが。。。この学校の件です。うちの子供たちはずっと学校が始まりお友だちと会えるのを楽しみにしていて私もその準備に新しいマスクを買ったり体温計を新調したり洗浄剤を持ち歩くキーチェーンとかも購入。