第三の目は科学です


こんにちは!

昨日のコラムでは私の育った環境での仏教について述べていました。そして先述もしたように私はいかなる宗教も批判していません。

患者さんの中にもたくさんの宗教のバックグラウンドを持っている人たちがいますが宗教を否定する事はありません。

宗教に対する解釈などで悩んだり自分を責めたりしている人を助けたりもしていますがあくまでその人の立ち位置に沿ってセラピーをしています。

もっと言えば宗教を信じる人、科学だけを信じる人、たくさんの考え方の中でその人にあったセラピーをするのが常です。

宗教に関わらず、どんな考え方でも自分の考え方を全く変えたくないならセラピーに来る意味はないと言えます。

そんな場合は自分を変えたいと思う時に来てくださいね、となりますね。

さて、仏教の基本的なコンセプトである人生は修行であるです。

このコンセプトを知ってから私の育った環境での常識が宗教に影響されている事を知りました。

人生は修行である。私の育った環境を思い起こすとなるほどと思うのでした。そしてそれは如実に理解できました。

子供の頃、なんとなく暗黙の了解として楽しむのは良い事でないと言う印象がありました。

遠足などで家を出る時も先生の言う事を聞きなさい、人に迷惑をかける事をしないようにと言う注意事項はもらいましたが楽しんで来なさいと言われた記憶は全くありません。

それは今、アメリカで子供を持っていると如実に違いを理解します。いつも楽しんでね、と言って送り出しています。

うちの子供たちは本当に楽しい事が中心の生活を送っています。

私が子供の頃はもちろん子供だからどこかに行けば楽しいのですが親からは迷惑をかけないと言うプレッシャーをもらう事が常でした。

東洋人、特に東アジア人と言うのは何事にもとても真剣に取り組むし時に深刻すぎるようにも見えます。

修行である人生に真剣に取り組むのは当然とも言えるかも知れません。

興味深いのですが民族や宗教の背景によってポジティブになりやすいとかなりにくいはやっぱりあります。

同じアジア人でも東南アジアの方たちはキリスト教の影響が強いせいか東アジアの方たちとは違うように思います。

もちろん一概にはどの民族が早くポジティブになるとかならないとか言えませんが私のセラピーの経験からやっぱり傾向はあると思います。

根強く自分の非を信じたり、割と早く自分は本当は素晴らしいんだと気がついたり、やっぱり文化は私たちの心のあり方に強い影響を与えていると思います。

そしてまた文化に関係なく、子供は本当に柔軟だし、エネルギーが大人とは全然違います。子供は人生を楽しむものなのです。と言うか楽しみやすいのです。

たくさんの映画やテレビでもそうですが子供と言うのは魂がきれいだとか不思議な感覚があるとされています。

実はそうらしいのです。

例の第三の目と言われる額の真ん中にあるとされる目ですがこれは単なるイメージではなく科学的にも裏付けがあります。

右脳と左脳の真ん中にあるこの松果体という器官はまさしく額の真ん中にあり第二次性徴期に入るまでは活発なのだそうです。

動物はこの松果体がずっと活発なままなのだそうです。だから地震の前に逃げ出したり予感のようなもので難を逃れたりします。