聞きたい事しか聞かない訳


人生のナレーション

さて宗教や罪や罰について語っている今週です。もし知りたいトピックなどあればコメントをくだされば語ります。

どんなトピックでも必ず語る事があると思います。時にたくさんの方からトピックを頂き本当に勉強になる毎日です。

罪や罰、そして許しは人生において本当に影響力のあるトピックなのです。

そして宗教もその考え方に関係がある場合が多々あります。

何度も言いますが私は宗教を責めていません。宗教にはたくさんの解釈の仕方があります。

未だに宗教に忠実に社会から孤立して生活している方たちもいます。アメリカではアーミッシュが有名です。

しかしながら現代社会の中で生活している方たちは個々によって宗教の解釈の仕方が違うと思います。

これは宗教の話だけではありません、実は。

この世の中のどんな考え方でも、もちろん宗教も含めてですが私たちは自分の聞きたい事だけを聞いているし、取り入れたい考え方だけを取り入れています。

もっと言うとたくさんの溢れている情報の中でどの情報を聞くかは実は個々の人たちが決めている事です。

私の経験から言えば、患者さんたちにたくさんの事を話しても結局はどの方も自分の信じていることしか聞いていません。

言い方を変えれば自分の中に既に答えはあり、それを裏付ける理論を探していると言うことです。

これは潜在意識のレベルでやっている事だと思います。

私が患者さんにたくさんのポジティブな事を言ったとします。でも例えばこう言ったところを変えたら良いのではないですか、などと言うとそれだけを聞き入れて自分はダメだと思ったりします。

例えばアメリカ生まれのイスラム教のテロリストなど。実はイスラム教にはほとんど興味がなく、しかしながら自分の中の怒りを爆発させる機会を探していたりします。

そうなればそれがイスラム原理主義だろうとキリスト教の教会だろうと関係ありません。

そうです。もう怒りやそれを爆発させたいと結論はあるのです。そして引き金になるのが耳に入ってくる雑音なのです。

たくさんの情報。よく引き寄せの法則などでも聞きます。突然耳に入ってきた言葉。それが一定期間の間に何度も同じ言葉を聞いたりします。