自己紹介と催眠療法 ご紹介文


こんにちは!

エミッグ美津と申します。ニューヨークで皆さんにごあいさつをしております。私は日本とアメリカで本を出版した作家であり、講演者であり、そして公認催眠療法士、カウンセラー、そして社会福祉の修士号を持ってもいます。

過去には8年ほど家族をサポートする主婦であり無職でした。それから今ニューヨークシティでセラピストとしてビジネスを展開しアメリカと日本で本を出版し、ニューヨークの数局のラジオ局で12回の生放送に出演した経歴もあります。

個人的には私の妹の子供であった二人の子供を元夫とともに妹の死後に養子にしていて自分の子供である男女の双子の母でもあります。

私の人生が急激に変わり始めたのは2011年にシンガポールに在住し高所恐怖症を和らげるために催眠療法に生まれて初めて行った時からです。

高いところが苦手だったのですがその時にはビルの28階のペントハウスに住み、しかも17ヶ月の双子がいたにも関わらず適当な子供のためのフェンスや窓の設備もない状態なのでした。

催眠の事は何も知らなかったのですが高所恐怖症に関する極端な緊張を取るには催眠が効くのではないかと言う程度の知識はありました。

私の知識は正しく、そしてその効果には完全に驚かされる結果となりました。そして催眠が潜在意識を使ったとても自然なヒーリングであるとも知りました。

潜在意識とは誰もが持つ自然な精神状態なのです。そしてその潜在意識は科学者が言うには1日に数回ランダムに私たちに訪れるのだそうです。

それが起こる時はとてもリラックスしている時で高速道路の運転中やそして地下鉄の中でウトウトしている時などに起こるそうです。

潜在意識とは自然な精神状態ですがしかしながらとてもパワフルなのです。潜在意識では私たちは脳の95%までを使えるようになるそうです。ちなみにいつもの起きている状態、これを意識と呼びますが、その意識では私たちは脳の5%程度しか使っていません。

そうです。意識の中では私たちは脳の5%程度しか使っていないので起きている間のほとんどの時間は私たちは実は私たちのベストからは程遠い状態にいるのです。

個人的にとても不思議に思うのです。生き物であれば自分のベストを出して生き残りをはかるはずです。なのに人間は自分たちのベストには程遠い脳の5%の使用のみで毎日を生きているのです。信じがたい事ですよね。

潜在意識の中では私たちは脳の95%までを使えるようになるだけでなく私たちの脳の活動スピードは実は意識の時の100万倍になります。この数字はCNNから取ったものです。

生き物であればベストを出し切るのが本当です。それはもちろん私たちのベストである潜在意識も含めての事です。潜在意識はとてもパワフルなものでありその私たちの偉大なる資産を使わない事はもっとも無駄な行為だとも言えます。

述べたように潜在意識は私たちにランダムに起こるのですがこれを好きな時に好きな場所で起こそうと言う考えがありました。それには「導入」と言うテクニックを使います。

導入はもちろんこの潜在意識に導く行為なのですが。この導かれて起こった潜在意識を「催眠」だとか「催眠状態」だとか呼ぶのです。

自然に起こる潜在意識も導かれて起こった潜在意識も実は科学的には同じものなのですが導入を使って起こすともう既にそれを「催眠」と呼ぶのです。

だからこの催眠という状態はテレビや映画で見る催眠状態とはとても違うものである事は必至です。

本当の催眠状態はとても自然で優しくとても深い瞑想のような状態だと言えましょう。そして催眠という状態は本当に誤解されていてたくさんのメディアによって私たちに深く間違った概念として植え付けられている事を知って欲しいと思います。

この誤解により私の患者さんの中にも催眠状態に入っても催眠にかかっていないと勘違いする人たちも少なくありません。

そして催眠は誰にもその人の意識に反して何かその人の主義に反する事をさせる事は出来ないのが事実です。

だから催眠の中でその方のやりたくないことやその方の主義に反する事をさせる事は出来ません。

例えばあなたが根っからのヌーディストや露出狂でもない限り服を脱がせる事は出来ないでしょうし、同じ理由であなたに他の誰かを傷つける事を強要する事も出来ません。

なのでセッションの前には患者さんのある程度のやる気は確認させてもらっています。特にトラウマの治療にはとても重要です。

患者さんの中には過去に起こったトラウマや恐怖に今も支配されて生きている人たちもいます。例えば殺人事件の生き残りだとか、レイプの被害者だとか、他の悲劇を生き残った人たちです。

そんな方々にも催眠療法はとても効果のあるセラピーなのです。しかしながら患者さんの意思に反して治療をする事は無理ですのでセッションの前にこのトラウマを克服する用意があるのかお聞きする事にしています。

私たちの最後のフロンティアである潜在意識。その潜在意識を使って行われるのが催眠療法です。そして私が知っている中でゆいいつ目に見えた効果のあるセラピーでもあります。

その高い脳の使用量とそして活動スピードは私たちの全ての能力を通常では考えられないほど上げてゆくのです。

実は私たちは過去の全てを記憶しているそうです。脳の中には記憶はあるのだそうです。しかしながら通常の意識で私たちがリコールできる記憶はごくわずかです。

それは全ての記憶という膨大なファイルを私たちの意識の中での5%程度の使用量の脳にリコールしようとするからです。膨大なファイルをとても古い遅いコンピューターにダウンロードするようなものです。

しかしながら潜在意識では様子は違います。脳の使用量は95%となり脳の活動スピードは意識の時の100万倍となりますからどんな膨大なファイルでもダウンロードできるわけです。

そうすると普段の意識の中では覚えている事も知らないようなたくさんの記憶を呼び起こす事ができるわけです。

もちろんそれがどんな問題であっても問題解決においてはその問題の原因を知るのがとても重要となります。原因を知る事で問題解決は容易になるはずなのです。

だから潜在意識治療では意識の中での治療よりも高いチャンスで原因を究明できるわけですね。

実は患者さんの中にはもう原因は分かっているという方たちもいらっしゃいます。現役の精神科医や心理学者の方もいらっしゃいますから。

原因を知るだけでなく治療においてもやっぱり潜在意識の活用は素晴らしい効果をもたらすのです。

私たちのとても強固な価値観や信念はそれに見合ったとてもパワフルな精神状態によって改善されるべきです。

だからこそカウンセラーとして意識の世界でするセラピーに限界があると知るに至ったのです。

しかしながら潜在意識では話は違います。価値観の書き換えは潜在意識でこそ可能だと言いましょう。そして価値観とは幼い頃に私たちに植え付けられたとても強い信念なのです。

トラウマの被害者などもそうです。過去に強いトラウマを経験するとそのトラウマが過ぎ去っても自分の心の奥深い部分でいまだにそのトラウマの中にいるような感覚となります。

そうでなければ突然な大きな音に極端に驚いたり何か引き金のようなものでトラウマの恐怖心に支配されると言うような事が起こるわけがありません。

いまだにトラウマの中にいるかもしくはそのトラウマがいつでも戻ってくると言う信仰があるからこそ恐怖や不安のエネルギーがその人の中にある事となります。

そんな場合はそのエネルギーをリセットしトラウマがもう過ぎ去った事であるし、またすぐに戻ってこないものである事を真の意味で知らせる必要があるのです。

トラウマだけではありません。自分に対して限界を設定する事も同じです。自分の能力を過小評価したり自分にはこれしか出来ないと決めている事。それは日常的にたくさん起こっている事です。

そしてそんなあなた自身の自己イメージや限界設定にもこの価値観の書き換えは効果があるのです。実際にたくさんの方が人生を変える経験をしました。

忘れないでください。私たちには無限の可能性があるのです。そして私たちはその事すら知りません。例えば私の場合、自分に本が書けるなどと言う事は全く知りませんでした。

しかしながら何かの拍子に一行目から書き始めたら2週間で100ページくらいを書いていた事実があります。

それまでの一生での意識のレベルで本が書けるとかプロの作家になる事を真剣に意識した事があったかと言うと答えはノーです。しかしながら本を書く才能や能力が書き始めてからどこからかわいてきたと言う事はあり得ません。

そうです。その才能と能力はいつでも私の中にずっとあった事になります。しかしながらそれを知らないでずっと生きていたと言う事です。

そして誰も私にあなたには本が書けると出版出来ると言ってくれる人もいませんでしたから。

自分の可能性を最大限に使うには自分自身の気づきをそして覚醒を促す事です。潜在意識を使えば自分が実はどんなに深く自分の事を知っていたかに驚く事となるはずです。

興味のある方はご連絡をくださいね。お待ちしております!

素晴らしい1日を!!





4 views
Location

115 Broadway Suite 1800

New York NY 10006

mitsuhypnosisny@gmail.com

917-488-6175

**Online (Skype) sessions available**

  • Yelp
  • Amazon
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Vimeo