逆境に強くなるには

こんにちは!

ハロウインも近くなりウキウキする季節です。パンプキンカラーや小菊などの色が秋の深さを感じさせますね。

さて、日々セッションをする中で色々と思う事がありますので書いてみたいと思います。

最近多いケースが減量ですね。私自身、20キロ以上の減量に成功してそれをずっとキープしているのでそれを見ていらっしゃる方も多いと思います。

以前の私にとっては食べる事は自分の軸をぶれさせて自身の本当の問題から焦点をそらせる。それによってもっと私の人生は軸からずれ自分の周りの霧は深くなると言った感じでした。

具体的に言うと気分が悪いから食べ過ぎる。食べる事によって満足を求める。しかしながらそれは暫定的な解決でしかありません。

本当の問題は日々の中で気分が悪くなるその原因だったのです。それは日々の中で受けるストレスでしょうか。それとも悪い結婚でしょうか。それとも平凡な生活でしょうか。

そのどれでもありません。気分が悪くなるその原因は自分の中、内側にあります。自分に対するイメージの悪さ。もっと平たく言えば自分を大好きかどうかです。

どうやって自分を大好きかどうか知るかと言うと、こうです。まず、この世で一番愛している人を思い浮かべてください。

その人にどんな風に生きてもらいたいか、どんな生活をしてもらいたいか考えてください。

食べ過ぎたり、働き過ぎたり、気分の悪さを毎日感じたり。そんな生活をしてもらいたいかどうかです。

もし自分が自分に対してしている事を愛する人にしてもらいたくないと思うのなら、あなたは自分を愛していないとなります。

愛している人は誰でもとても手厚く扱うはずですし、大切に無理などさせないはずです。辛い思いをするほど愛だとか思ってるならそれは間違いですよね。

愛していれば最高の人生を歩んでもらいたいはずだし、毎日快適に暮らしてもらいたいはずなのです。

自分を大切に愛を持って接しているかは毎日の生活の仕方でわかるはずです。自分を労わったり休息をとったり、それは自己愛なのです。

食べ過ぎは私には自己虐待でした。自分の能力以上の食べ物を身体に入れ無理に消化させる事は虐待と言うべきでしょう。

そしてそれによる身体のだるさだけでなく結果として太った事は見かけの問題だけでなく内臓の機能や血液の循環、血圧や血糖値なども含めて全てに影響しますからやはり自己虐待ですね。

さて自分を大好きかどうかはもう大人になる前に決まると言っていいでしょう。児童心理学では親から自立して自分を一人の人間として認識し始め、そして自己を認識する際には周りの人達ーそれは通常は両親ですがーから自分のイメージやアイデンティティを反映させるのが普通です。

だから自分を大好きな両親に育てられると自分を大好きなのは当然の価値観だと認識するはずです。自分に不満を抱えていたり満ち足りた気持ちを持たない親に育てられると人生とは不満を抱えて不満足に生きるのが当然であると言う価値観になり得ます。

お子さんに問題がある場合はご両親にもセラピーを勧めたくなるのはそんな理由と言えますね。

ここではっきり言いたいのはどんなに社会的に成功しているかとかお金があるとか学歴が高いとかそういった事が自己イメージの高さや満足につながらないと言う事です。

自己イメージや自己満足、セルフエスティームの高さと言うのは自分の内側で育まれたもので大体10歳くらいまでに決まってしまうものなのです。

前述のように自己を確立する過程で築かれるものなのですね。成功に対する周りの人の認識や称賛によって一時的に上がったように見える事があっても自分の心の一番深いところで自分をどう思っているかが本当の自己イメージを支えているのです。

本当に高いセルフエスティームを持っていれば外からのストレスやチャレンジが訪れても自己イメージが良いためになんとかなるはずだ、とか。自分は運が良いから大丈夫、などと思えるはずなのです。

これが逆境の中でポジティブな見解が出来るポジティブシンキングにもつながっているのですね。

自己イメージが幼少の時に育まれるのはもちろん本当です。その価値観を変えようと思うのなら過去の自分に向き合ったりインナーチャイルドの問題を解決するのが王道ですね。

是非ご検討ください。催眠療法なら比較的簡単に出来ます。何年もかかる意識の中で行うセラピーとは違って潜在意識を使って価値観を書き換えます。