離婚が必然だった理由

こんにちは!

これを書いている今日は23度まで上がり今年初めてのタンクトップが気持ち良い陽気でした。日曜日だった事もあり公園は運動する人たちでにぎわっていました。


CNNではインドのムンバイの都市部に大量のフラミンゴが飛来した話題が出ていましたが、私のニューヨークの自宅の裏庭にも珍しい鳥がいるのに気がつきました。


実はコンコンと言う軽い音が絶え間なく聞こえたので気になっているとそれがキツツキではないかと思うに至りました。なのでキツツキの木を叩く音はどんなものだろうとネットで調べてみると私が裏庭から聴いた音と同じ音だったことからそれがキツツキだと気がついたわけです。


今までも来ていたのかそれとも最近、ひと気のなくなった街に飛来したのかは定かではありません。もしかしたら来ていたのかも知れませんがこっちが忙しすぎて気がつかなかったのかも知れませんね。


とにかく他の雑音だと思ったのが可愛い鳥だったのでちょっと感動しました。姿を見ることは出来ませんでしたが機会があったら双眼鏡で探してみたいと思いました。



さて今日は私がどうして従来のセラピーでなく催眠を使ったセラピーをするのかを書いてみたいと思います。


催眠療法と言うと特別だとか変わったものととしてとらわれがちです。なので特別な理由があるのかと思われる方たちが多いと思うのです。


しかしながら私はミシガン大学の社会福祉科の修士号を持ち(英語ではMSW /Master of Social Workと言います)訓練を受けたセラピストなのです。そして催眠を使う事に決めたのはそれが科学に基づいた効果的なセラピーだからなのです。



セラピストになりたくてアメリカに来てから修士号を取る事に決めて取ったは良いのですが訓練や実地のセラピーを通して従来のセラピーでは限界がある事を知る事となりました。


個人的にも自分の問題を解決しようとセラピーに通った事がありそれがセラピストになろうと思ったきっかけでもありました。


母親になるなら良い母親になりたいと思ったのもきっかけでしたが実は一生の仕事や自分の使命、と言ったものに縁がなく、また考えても浮かばなかったのも一つの理由かも知れません。



そうです。私自身人生の中で迷い何のために生まれたのか生きるのかさえ実は考える余裕もなく世間の標準に合わせれば幸せになれるはずと家を買えば幸せに慣れるとかお金があれば幸せになれるとか子供がいれば幸せになれるとか色々な事を試したものでした。


しかしながら答えは見つからず途方にくれていた時に催眠療法に出会う事になります。これを宇宙/神のタイミング(Divine Timing)と言うのですが満を持して起こるべき事が自然の成り行きのように起こる事です。



皆さんの中にも偶然と思えないような人生の転機となる出来事が人生をまさに転換させるのを経験している人たちも多くいると思います。

宇宙(引き寄せ)の法則では偶然というものはなく全てが起こるべくして起こるのです。そして実生活でも偶然のように見えて後で考えると本当に色々な事が起こるべくして起こったと信じるに至ります。



私の場合、それは妹の死から始まったように思います。妹の死後、私の元夫が妹の子供たちを引き取ろうと言い出したのです。私は日本で生まれて日本で育っていましたから養子と言う考えは持ってなかったのです。