食べ過ぎをやめる方法



こんにちは!

さて今週最後のコラムとなりました。食べ過ぎの話です。このロックダウン(隔離)期間中、頑張って毎日更新しています!

ミシェル・オバマが軽度のうつ病になったと告白した話をしました。皆さんはうつ病と言うと大ごとと思うかも知れません。

でも実はアメリカでうつと診断されるにはいくつかの項目があるのですがこれはセラピストが診断に使うDSM−5によると例えば2週間ほど落ち込んだ気分が続くとか。不眠があるとか。

落ち込んだ気分が2週間続くって結構あるのではないでしょうか。もちろん明るく振る舞っている人たちもいると思うのですが本当は落ち込んでいる人たちは結構いると思います。

例えば「あなたは幸せですか」と聞かれて何人の人が即答できるでしょうか。幸せとは実は本人が決めることなのでお金持ちだとか結婚しているかとか美人だとか言うこととは関係ありません。

私の個人的な経験から言ってもお金持ちの方で心底幸せという人に会った事がないですね。そして美人、これは本当に幸せではない人が多いです。

そして自己イメージの問題を持つ人たち。これは見た目の話ですが。すごい美人が多いです。美人ほど外見に頼っている部分が多いので完璧を求めてしまうのかも知れません。

人が振り返るような美人であっても本人は自分の他人からは見えない欠点が気になっていたり、摂食障害の患者さんというのは美人が多いと思います。

既婚者となると、言うまでもないかも知れません。既婚者のお友達の話を聞いていると独身で良かったと思ってしまったりします。いや冗談です。すいません。

さて昨日のコラムでたくさんの気分転換の話をしました。気分転換には食べる事が一番お手軽であるという結論です。

もちろん食べるのに興味がないという人は確かにいます。例えばうちの下の息子。全く興味がありません。食べさせるのに四苦八苦ですね。

でも食べるのに興味がない人って本当にあまりいませんよね。だからいつも手近にあって大好きな事となると食べる事になります。

だからこそ肥満はこれだけ問題になっているのです。

厄介な事にお酒やドラッグと違って完全に断ち切る事は出来ません。アル中の人はリカバリーでは一滴も飲みません。でも食べ物ではそれは出来ないのです。食べないと生きていけませんから。

だからいつやめるかを知らなければいけないし食べ始めてそれから適度なところでストップしなければなりません。

これが難事なのですよね。大好きな事をし始めて途中でやめるって、難しいですよね。